ウォーターサーバーを比較するポイント このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーを比較するポイント

家族の人数など使う水の量でサーバーのサイズを比較する

GR153_Lかつて公共施設や病院などでよく見かけたウォーターサーバーですが、最近は一般の家庭でも設置する人が増えてきています。
導入する人が増えてきているので、ウォーターサーバーをレンタルする会社も多くなり、サイズなどのラインナップも豊富です。
まずは、どのくらいの容量のサーバーが使いやすいかを考えるのがポイントです。
家族の人数や天然水の使い道、例えば赤ちゃんのミルクなどどのくらい水が必要かを考えてサーバーのサイズを比較します。
デザイン性の高いウォーターサーバーも色々出ていますので、置く場所のインテリアに合ったものはどれか形やカラーなどを比較して選びます。

セットするボトルの取り扱いや天然水の宅配について比較する

GU001_Lまた、ウォーターサーバーは内側にボトルをセットして使います。
このセットするボトルには、大きく分けてふたつのタイプがあります。
リターナブルタイプのボトルと使い捨てのボトルです。
リターナブルのボトルは水を使うとその分空気が入ってゴボゴボと音がして、ボトルはつぶれません。
一方の使い捨てタイプは空気が入らないので水を使うたびにボトルはつぶれていきます。
ウォーターサーバー自体が衛生的に設計されていますのでボトルに空気が入る入らないは天然水の品質には全く関係ありませんが、ウォーターサーバーを選ぶ時には、ボトルがどんなタイプなのか、使い捨てタイプであれば空のボトルはレンタル会社で回収してもらえるかどうか確認しておけば安心です。
また天然水を毎回スーパーなどで買うのはとても大変なので、サーバーのレンタル会社で天然水の宅配サービスをしているかどうかも比較ポイントのひとつです。
また天然水はいろいろな銘柄がありますから、好みの銘柄の天然水を選べるかどうかも比較してみましょう。
お水の宅配の時に空ボトルを回収としてもらえるかどうかもチェックポイントです。