ウォーターサーバーの電気代コスト このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの電気代コスト

ウォーターサーバーには電気が必要

FW137_L家庭でも導入する所が増えてきたウォーターサーバーは、電気を使って冷水や温水を使っています。
そのため導入時に気になるのが、電気代のことです。
はたして、どれくらいの電気代が必要となるのでしょうか。

現在多く流通しているタイプは、月々1000円程度必要だといわれています。
サーバーのレンタルは無料の所が多くあるので、基本的に利用者は1000円プラス水代を払う事になるのです。

節電する事は出来るのか、省エネタイプはあるのか

SD196_L消費する電力は電気ポットと同じ位ですので、それ程高くはないといえます。
しかし出来るなら節電したいとは思いませんか。
そんな時は温度設定を変えてみる様にしましょう。
水の温度は少し上げて、お湯の温度は少し下げれば大丈夫です。
ただ全てのウォーターサーバーで温度調節ができるわけではないので、調節したいと思う人はそれが出来るタイプを選ぶようにしましょう。
もし今まだ導入していない人、レンタルをしている人は省エネタイプにするのもお勧めです。
家電製品の機能は日進月歩で向上しています。
特に省エネに関しては各社で研究開発されていて、ウォーターサーバーも例外ではありません。
一般的なタイプは1000円程度必要ですが、省エネタイプになると350円から500円程度に抑える事が出来るので、電気代を出来るだけ節約したい人は省エネタイプを選ぶのもお勧めです。
そうすれば気になる電気代をかなり抑える事ができます。