気になるデメリットは? このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるデメリットは?

解約料というウォーターサーバーのデメリットについて

最近では、ウォーターサーバーの人気が高まっております。
かつては、オフィスや病院というような場所でしか導入されていませんでしたが、最近では一般家庭でも導入されており、かなりの注目株といえます。
多くの業者が宅配水の事業にも参入してきて、サービスの質は上がりながら、コストはダウンしているという、消費者にとってはうれしい展開となっております。

こうして見ると、サーバー導入にはメリットばかりのように思えますが、そんなことはありません。
メリットがあれば、デメリットもあるのです
03
そのデメリットのひとつに、解約料の問題があります。
携帯電話の契約でも、2年以内に解約をすると、解約料を10000円ほど請求されますよね。

それと同じことが、ウォーターサーバー業界にもあるのです。
では、どのくらいの期間で解約をすると、どのくらいの解約料がかかるのでしょうか。

解約の取り決めに関しては、業者によって異なりますので、一概に言うことはできません。
ただし、平均的なものを取り上げますと、1年未満に解約をすると、5000円程度の解約料がかかるというのが多いようです。
これも、1年ではなく3年というところもありますし、5000円ではなく10000円というところもあります。

また、そもそも解約料という概念がない業者もあります。
宅配水の契約をする際には、解約料のことも念頭においておいたほうが賢明です。
そうすることで、後に不要なトラブルを抱えずに済みます。